1. 母子ティブ TOP
  2. シングルマザースタッフのブログ
  3. 学校は子供が主役

シングルマザースタッフのブログ

2021.04.19更新

子供のバロメーター

子供のバロメーター

新しい生活が始まりバタバタした毎日が続いております💦
皆様の生活はいかがでしょうか。
きっとゴールデンウィークが明けるまでは緊張感が続くのではないかと思いながら日々を過ごしているこの頃です。

ところで『NHKみんなのうた』に出てくる「お弁当ばこのうた~あなたへのお手紙~」をご存じでしょうか。娘がまだ小さいころ一緒に見ていました。とても大好きな歌です☺

おかえり🎵
今日はどうしたの?残しているのねお弁当🎵
心や体が弱いときシグナルはお弁当🎵

歌詞の一部なのですが、まさにこの通り!!と共感できるのです😊

小学校に上がる前の娘は保育園で温かい給食が出ていたのですが、どのくらい食べたのか私には知る余地もありませんでした。
小学生になり給食からお弁当に変わった今、子供のデリケートさを感じています。
体調が悪いわけではないのに半分ほど残していたり、そうかと思いきや「ママ!お弁当箱見てー😊頑張って食べたよ!」と空っぽのお弁当箱を見せてくれる時もあります。
お弁当を残した日に娘に言葉をかけてみました。
「どうしたの?何か、緊張していたのかな?」
すると娘は、色々と説明してくれるようになりました。

繰り返していく中で娘の心の中を感じることが出来るようになってきた気がします。

そして今朝の出来事です。
学校に到着する道の手前の角で、
「大丈夫だから」
と言って1人で登校させてしましました。
別れた後、
『やばい!まだ早かったかな💦💦』
と後悔…。
頭ではわかっているのですが、親としてもまだまだであると反省しました。
とにかく娘が安心できるまで、自分から手を離してはいけない。娘から私の手を振り払うまでは待ってあげたいと改めて感じました。きっとその日は、そう遠くないからこそ今を大切に接していきたいです。

お話は変わりますが、先日1件のご縁を結ばさせて頂きました。
シングルマザーの方のお話です。
お客様は離婚をしたことにより毎日が一生懸命でした。
仕事はもちろん、子供に頼ることなく食事の支度・洗濯などをこなしています。仕事は長時間に及び朝早くから帰宅は21時くらいになるのが当たり前の毎日を過ごしている中でマンション購入のご相談を当社に委ねてくださいました。気に入ったマンションがあったのですが、お子様の通学が少し大変になることもあり家族で相談したい と申し出を頂きました。
そして、私共からもお客様に一つのご提案を致しました。
「今回お子様に相談するのであれば、お母様としての悩みや肉体的に大変なことを伝えてください。そしてこれからは家のことを手伝ってほしいとお子様に言ってみてください。」
なぜこのような事を伝えたかというと、、、

・お客様自身が離婚したことをお子様に申し訳ないと思っていること
・夜21時ころに帰宅して夕ご飯の支度をしている間、お子様は待つのみであること

お客様の苦しみや大変さを知ったら、お子様はきっと手伝ってくれるはず、そして、家族で支えあっていくうちに素敵なチームとなり今よりも楽しく過ごせるのではないかと思ったからです。
その後はお客様のほうでご家族でお話をして頂き、家族みんなで家のことを分担することが決まりました。
お客様が気に入ったマンションを見て頂き、無事に契約をすることが出来たのです。
子供はとても繊細だと思います。
なぜか、胸騒ぎがする
なぜか、不安になる
なぜか、落ち着かない
全て、感覚で感じ取っています。
その感覚はとても合っていて、納得ができると子供のスピードが変わっていくと思います。

子供に頼ることは決して悪いことではありません。
一番の理解者であると私は思っています。

飯沼しず子

LINE 公式アカウントと友だちになる