1. 母子ティブ TOP
  2. シングルマザースタッフのブログ
  3. 『自己肯定力!』

シングルマザースタッフのブログ

2021.06.04更新

『自己肯定力!』

『自己肯定力!』

マスクが息苦しい時期に突入してきましたね💦💦
マスクも衣替えしないと、、、なんだか笑ってしまいます😊

今年は去年と違い学校や幼稚園で運動会が開催し始めている気がします。
学校行事はやはり大切ですよね✌
時期が春であったり秋であったりですが少しでも多くの学校で運動会が開催されればと思います!

わが子が通っている小学校では先日、親の参加が出来ないスポーツデイが開催されました😃
この日を迎えるまで娘が話すなかで何度も耳にすることがありました。

・どうせ私は足がおそいから、、、
・足が細いから、早く走れないんでしょ?

などなど・・・

「なんでそう思うの?」
と聞いたところ保育園のお友達に言われたり、遅生まれの子たちの方が体力があっていつも負けて馬鹿にされていた、、、との事。
いじわるを言っている子がいる???
うすうすは感じていました。

小学校の先生からは
「本人自身がハードルを高くしている」
「ほかの子より出来ていることもたくさんある」
「出来ないことはあって当然で平均的です」

そうなんです☝
娘は自尊心が大きく傷ついていたのです。
娘と仲の良いお友達も同じ傾向にありました。
私は、子どもたちの中にはお友達の自尊心を傷つける子が多くいたことを確信しました。

今回のスポーツデイを迎えるにあたり担任の先生は、昼休みを使って階段の上り下り競争をしてくれていました。
そのおかげで娘は私より速く上り下りが出来るようになりました。
一緒に頑張っているお友達の中でも速い方になったようです。
休み時間は遊ばずに仲のよいお友達と毎日練習をしていたようです。
それが自信になったのか、スポーツデイの30m走で1番になることが出来ました🎊
男の子と一緒に走って1番だったことに大喜びでした😊

保育園に通わせているとき、担任の先生だけでなく補助の先生も合わせて4人の先生にお世話になりました。
先生方は
「思ったことを何でも口にする時期なんです。」
と何度か説明を受けたことがあります。
でも、違うなぁと感じています。
子ども同士のことは子ども同士で解決するという枠の中で遅生まれの子は早生まれの子に対して自尊心を傷つけてしまったとしたらその時は大人が止めることがとても大事だと感じました。

『出来るはあっても、出来ないはない!』

みんな出来るようになりたいし諦めたくないはずです!!
それをお母さんが一番理解し寄り添うことが出来ると、先生方もくみ取ってくれて理解をしてくれるのではないかと感じます。

誰にでも、大人にも、子どもにも自尊心があり、大事にしないといけませんね。
一生勉強です!!

飯沼しず子

LINE 公式アカウントと友だちになる