1. 母子ティブ TOP
  2. シングルマザーお役立ち情報
  3. 母子家庭が優遇されるUR賃貸とは?物件入居審査や割引制度について解説

シングルマザーお役立ち情報

母子家庭が優遇されるUR賃貸とは?物件入居審査や割引制度について解説

母子家庭が優遇されるUR賃貸とは?物件入居審査や割引制度について解説

母子家庭が優遇されるUR賃貸は、シングルマザーにとって物件探しの際にぜひ検討しておきたい候補になります。
ですが、優遇されるからこそ入居審査もかなり厳しいのでは…と困っている人も多いかもしれません。
また、入居を検討するならどれだけ割引が適用されるのか、制度の特徴も詳しく知っておきたいところです。
今回の記事では、UR賃貸とはどんな物件なのかをお伝えしたうえで、物件入居審査や割引制度について詳しく解説していきます。

1.母子家庭(シングルマザー)優遇住宅「UR賃貸」とは?

UR賃貸とは、都市再生機構という独立行政法人が管理・運営する公的な賃貸物件のことです。
よく間違われやすいものに都営住宅などがありますが、都営住宅は管理している団体が異なるためUR賃貸とは別物になります。

UR賃貸の良いところは、なんといっても経済的に優しいところ。

  • ・ 母子家庭(シングルマザー)が割引制度を受けられる
  • ・ 保証人を用意できなくても大丈夫(別途保証金など不要)
  • ・ 生活保護受給者でも入居可能(特例条件をクリアしなくてはならない)
  • ・ 初期費用が不要など

母子家庭・家族世帯・単身者相談がUR賃貸を選ぶのも納得ですね。

具体的な割引制度は後述していきますが、UR賃貸の魅力はなんといっても契約の際に費用をかなりリーズナブルに抑えられることです。
上記にあるように、母子家庭問わずUR賃貸では入居の際に必要となる仲介手数料・礼金・保証会社費用などが不要になります。
そのため、引っ越し費用は必要になるものの、その他の初期費用が格段に安く抑えられるのです。

さらに母子家庭を含むファミリー層には嬉しい間取りの物件が多く、一つひとつの部屋も比較的広めに作られているため、住みやすいのが嬉しいメリットになります。
フローリング、バルコニー付き、ガスコンロ対応、エアコンありなど、物件探しの条件となるポイントも備わっている部屋もあるので入居時には必ず確認しましょう。
他にも「入居可子供可ルームシェア相談駐車場敷地アリ」「平面駐車場付き」など、お住まいの地域によって賃貸特約も変わるので生活スタイルに合わせて選ぶのもおすすめです!

子育て・仕事を頑張るシングルマザーにとって、費用を抑えて物件を決められるのは重要なポイントになります。
経済的に厳しくても、なんとか入居できる物件を探したい…と思ったら、UR賃貸を検討してみましょう。

2.母子家庭が優遇されるUR賃貸の入居審査方法

ではここからは、シングルマザー(母子家庭)が優遇されるUR賃貸の入居審査について詳しく見ていきます。
基本的にUR賃貸に入居する際には、入居資格として、家賃の4倍以上の収入が毎月あることを証明しなければなりません。
シングルマザーにとってはこの条件がハードルとなることが多いでしょう。
そこで、シングルマザーがUR賃貸に入居したいときに入居審査の際に利用できる制度を以下で紹介していきます。
無事入居審査をクリアできるよう、制度の仕組みについてはしっかり覚えておきましょう。

2-1.家賃補助制度

シングルマザーの親族が家賃を補助するかたちを取る制度です。
自分だけでは毎月家賃を支払っていく余裕が持てないときは、親族が家賃を一部補助するという約束のもと入居審査を受けることが可能になります。

<条件>

  • ・ 申込者の収入が家賃の2倍以上
  • ・ 親族の収入が家賃の2倍以上
  • ・ 三親等以内の親族に「家賃補給証明書」を書いてもらう

※三親等以内の親族(父・母・祖父・祖母・叔父・叔母)

2-2.一時払い制度

一時払い制度とは、家賃&管理費をある程度の期間分、前払いするかたちで審査を通す制度です。
例えば離婚してシングルマザーになった場合、相手から慰謝料をもらった人もいますよね。
そんなときは一時払い制度を利用することで、入居審査に通すことが可能になります。
また、貯蓄がもともと多ければ、その貯蓄を一時払いに回すこともできるでしょう。

一時払い制度は1~10年分まとめて支払うことができる特徴があり、前払い制度が完了後、再度一時払い制度を利用するか母子家庭契約に変更するか選ぶことができます。

2-3.貯蓄があるなら預金審査

貯蓄がある場合は、預金審査という審査方法を持って入居審査をクリアできる場合があります。
このとき必要な貯蓄額は、家賃の100倍程度の額です。
残高証明書を発行してもらい、提示することで金銭的信頼を獲得することができます。

2-4.無職でも親名義でOK

無職だった場合でも、親などを名義人として契約することで、入居可となる場合もあります。
親自身が所得などの条件をクリアしていれば、入居者が条件を満たしていなくても基本的に親名義でも問題はありません。
この場合、児童扶養手当など母子家庭が受給できる手当て・給付金が受けられなくなる可能性があるので、事前に区市町村に確認するようにしましょう。

2-5.連帯保証人で自分名義も可能

申込者の収入が条件に満たない場合、連帯保証人を立てることで自分名義の契約も可能になります。

<条件>

  • ・ 直系親族や扶養の親族に限られる
  • ・ 連帯保証人自身もUR賃貸の入居条件を満たしている
  • ・ 各種手当ての名義が自分名義である

3.母子家庭が優遇されるUR賃貸の割引制度

最後に母子家庭が優遇されるUR賃貸の割引制度について解説していきます。

どれもかなりお得にURに住める制度なので、見落としがないようにしましょう!

3-1.子育て割

UR賃貸に入居する際には、母子家庭の場合、なんと最大6年間は家賃を20%割引された状態で入居することができます。
これをUR賃貸の『子育て割』といいます。
子供の年齢は満18歳になるまで利用することができ、割引対象の物件であればシングルマザーはかなりお得に入居することが可能です。
ただし、世帯収入が毎月259,000円以下という条件も付くため、この点も割引利用の際には注意してくださいね。
毎年、子育て割に当てはまるのか審査がありますが、UR機構が指定する必要書類を提出し、OKをもらえれば継続的に住むことができます。

3-2.そのママ割

『そのママ割』もとてもお得な割引制度の一つです。
なんとこちらも最大3年間は家賃が20%割引になる仕組みなので、非常にお得です。
同じように満18歳未満の子供がいる家庭が対象となり、母子家庭も子育て世帯も利用できる割引制度となっています。
ただし、そのママ割はエリアが限定されることが重要なポイント。
東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城の1都4県が対象地域となり、また、契約期間にも縛りが生まれます。
契約は定期借家契約となり、契約期間は3年間です。
場合によってはその後も住み続けることは可能ですが、20%の割引は適用されないため注意が必要です。

3-3.U35割

35歳以下のシングルマザーに朗報!
申込者が、35歳以下の場合『U35割』制度が適用されます。
こちらも家賃の最大20%割引を受けられる仕組みになっており、とてもお得です。
ただし、U35割を利用する際には、同居する人も同じように35歳以下である必要があります。
シングルマザーの場合、自分の親と住む場合もあり、その際は割引対象外になってしまうため気をつけてくださいね。
また、U35割を利用するときも同じように3年間の定期借家契約になるため、少なくとも4年目以降は割引が利用できなくなる点も注意したいところです。

3-4.近居割

『近居割』は、母子家庭向けの割引制度として知られます。
自分の両親が近くに住んでいれば、自分の家(UR賃貸)と実家の家賃が5%割引になる制度になります。
こちらは自分の家の家賃だけでなく実家の家賃も安くなる制度なので、とてもありがたいですね。
ちなみに両親が住む物件はUR賃貸でない賃貸アパート・マンションでも割引の対象となるため、近くに両親が住んでいるときは、割引制度の利用をぜひ考えたいところです。

東京で物件探しをするなら当社にご相談ください!

UR賃貸は母子家庭(シングルマザー)にとってメリットとなるポイントが多いのが特徴となります。
公的な賃貸物件になるため安心度が高く、基本的に住みやすい住宅地に物件が建てられているのも嬉しいところです。
ただし、地域によっては徒歩圏内に駅がなくバス利用になったり、建物が古かったりするのでしっかりと現地で確認するようにしましょう。

とはいえUR賃貸には、初期費用を抑えて入居ができたり、入居後も割引制度を利用できたりと魅力的な点も多く存在します。
UR賃貸がいいのか、賃貸物件がいいのか、はたまた住宅ローンで住宅購入を検討すべきなのか、なかなか決断できないこともあるでしょう。
まずは、がむしゃらに探すのではなく当社にご相談ください。
見えていなかった人生設計までトータルサポートいたします!

まとめ

  • ・ UR賃貸とは都市再生機構が管理する公的な賃貸物件
  • ・ 母子家庭を含むファミリー層の多くがUR賃貸を利用している
  • ・ 入居審査に不安要素があるときは家賃補助制度や一時払い制度、預金審査などを利用しよう
  • ・ UR賃貸にはシングルマザーが利用できる割引制度が充実しているため、家賃20%割引などで住めることも多い