1. 母子ティブ TOP
  2. シングルマザーお役立ち情報
  3. 鉄筋コンクリートRC・鉄骨鉄筋コンクリートSRC・鉄骨造S・木造の違い

シングルマザーお役立ち情報

鉄筋コンクリートRC・鉄骨鉄筋コンクリートSRC・鉄骨造S・木造の違い

鉄筋コンクリートRC・鉄骨鉄筋コンクリートSRC・鉄骨造S・木造の違い

物件探しの際に気になる「鉄筋コンクリート」や「鉄骨造」という用語。
しかし、これらの違いについてはっきり説明できる人は少ないのではないでしょうか。
そこで今回の記事では、鉄筋コンクリート造、SRC、木造といった建物構造それぞれの特徴やメリット・デメリットについて解説していきます。

1.建物構造『RC』『SRC』『S』『木造』とは?

建物構造は、建材の組み合わせや作り方によっていくつかに分類することができます。
まずはそれぞれの構造がどのようなものなのか、見ていきましょう。

1-1.『RC(鉄筋コンクリート造)』

一般的に「鉄筋コンクリート造」と呼ばれるRCは、鉄筋とコンクリートを組み合わせた材料を使った建物構造のことです。
鉄筋で作られた枠にコンクリートを流し込むことで、引っ張る力に強い鉄筋と圧縮に強いコンクリート両方の利点が得られます。
ただ、素材が重くなってしまうため高層には向かず、中層程度の建物に使われることが多いです。
また、コンクリートを使うため木造や鉄骨造よりもコストが高くなります。

1-2.『SRC(鉄骨鉄筋コンクリート造)』

SRC(鉄骨鉄筋コンクリート造)は、基本的にはRCと近い構造をしています。
しかし、SRCの場合はより太い鉄骨を支柱として使っているため、RCよりも耐久性がありかつ柔軟性もあるのが特徴です。
そのため、耐震性が必要な高層の建物に利用されていますが、上層部分では重すぎるためコンクリートを使用しないこともあります。

1-3.『S(鉄骨造)』

S(鉄骨造)はRCやSRCのようにコンクリートは使われず鉄骨のみの構造をしています。
そのため、非常に軽く超高層建築物や学校、体育館といった広い構造の建物に使われることが多いです。
スカイツリーやあべのハルカスなどもS造の建築物です。
ただし非常に軽量なぶん、地震などの際に大きく揺れてしまうというデメリットもあります。

1-4.『木造』

木造はその名のとおり、柱や梁といった基礎となる構造体に木を使用した建物構造です。
W造と記載されることもあります。
古くからの日本家屋や寺社仏閣などでも採用されており、日本では伝統的な建築方法といえます。
現在も3階程度の低層建築物や一戸建てなどで使われることが多いです。
建築構造の中でももっともコストが安く、狭小地や変形した土地でも建築しやすいのが特徴です。

2.間違いやすい鉄骨と鉄筋の違い

物件構造の中でもとくに間違いやすいのが「鉄骨」と「鉄筋」です。
ここではややこしい両者の違いについて詳しく見ていきましょう。

2-1.鉄骨造

鉄骨造(S造)は建物の基礎となる部分に鉄骨を用いたものです。
この鉄骨には2種類あり、厚さ6㎜以下のものを「軽量鉄骨」。
6㎜以上のものを「重量鉄骨」として分けられています。
アパートや一般住宅によく使われるのは「軽量鉄骨」のほうです。

2-2.鉄筋コンクリート造

鉄筋コンクリート造(RC造)とは、コンクリートの強度を補強するために鋼製の棒が埋め込まれた建材を用いたものを指します。
建物の梁や柱といった重要な部分に鉄筋コンクリートを使うため、耐久性が高いです。
中低層~高層マンションに用いられることが多く、厚いコンクリートのおかげで遮音性に優れているのも特徴です。

2-3.足音などの防音性の違い

防音性の高さという観点では、鉄筋コンクリート造(RC造)が優れています。
住宅自体の気密性が高いため、テレビの音はほぼ聞こえないレベル、走る音やピアノの音もかすかに聞こえるくらいまで抑えられると考えてよいでしょう。
そのため都市部でも静かに暮らしたい人、防音性を重視したい人におすすめです。

一方、鉄骨造(S造)は防音性という意味ではあまり期待できません。
とくに、テレビやピアノのような空気音は近隣に聞こえてしまう可能性が高いです。
ただしS造であっても、壁や床に「軽量気泡コンクリート板(ALCパネル)」が使用されている場合は防音性が期待できます。

2-4.賃貸マンションの家賃の違い

建築構造の違いは、賃貸物件の部屋の家賃価格にも影響します。
低コストで工期の短い鉄骨造は、基本的に家賃がリーズナブルなものが多いです。
2000年以降に建てられた都内の建物であっても、安いものであれば5.6万円程度から見つけることができます。
これは家賃相場の安い木造アパートや木造物件とほぼ同じくらいです。
一方、鉄筋が使われたRC構造の場合は建築コストがかかるため、鉄骨造より家賃が高くなる傾向にあります。
都内の安い物件でも6.3万円~と、鉄骨造よりも平均値が約1万円ほど高いです。

2-5.耐震性の違い

鉄骨造と鉄筋コンクリート造では、耐震性にも違いがみられます。
鉄骨造は揺れに対し、建物が崩れないよう内部の鉄や鋼が「しなる」ことで地震に耐える構造です。
また、軽量鉄骨よりは厚みのある重量鉄骨のほうがより耐震性に優れていますが、重さのあるぶん揺れを大きく感じやすいです。
揺れ自体には基本的に強いのですが、熱には弱いため火災が起きてしまうと倒壊の危険が高まってしまいます。

鉄筋コンクリート造の場合は、地震の揺れを分散させることで建物の倒壊を防ぎます。
鉄筋とコンクリート双方の弱点を補い合っているため、地震に強くかなり耐震性に優れているといえるでしょう。
ただし、壁の配置が偏っている場合などは、建物自体の耐震性が低下する可能性があるため注意が必要です。

3.4つの建物構造のメリットデメリット・耐用年数

最後に、4つの建物構造それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

3-1.『RC(鉄筋コンクリート造)』

RC造の主な材料であるコンクリートは不燃性です。
そのため、RC造の建物は火災に強いというメリットがあります。
また、鉄筋とコンクリートで作られていることから、丈夫で耐震性も高いです。
防音性も高いため、音が気になる人やお子さんのいる家庭でも神経質にならずに過ごすことができます。
デメリットとしてはコスト面です。
木造や鉄骨造と比べ、どうしても価格は高くなってしまいます。

3-1-1.耐用年数

税制上、建物というのは耐用年数が法律で定められています。
法律上の耐用年数はRC造の場合、47年です。
ただし、これはあくまで法制上の耐用年数のため、実際の建物の劣化具合とは関係ありません。
しっかりメンテナンスが行われている建物であれば、もっと長くもつ可能性が高いです。
逆に手入れのいき届いていない建物であれば、法定耐用年数を待たずに劣化してしまうことも考えられます。

3-2.『SRC(鉄骨鉄筋コンクリート造)』

すべての建物構造の中で、もっとも地震や災害に強いとされるのがSRC造です。
そのため高層ビルや高層マンションでも採用されることが多く、倒壊の危険性が少なく安心して暮らせるのがメリットでしょう。
しかし、そのぶん家賃や価格は高額に設定されています。
住まいにコストをかけたくないという人には、あまり向いていない物件かもしれません。

3-2-1.耐用年数

SRCの法定耐用年数は47年です。
しかし、コンクリート自体の劣化スピードから考えると60年以上は耐えうるとされています。
しっかりメンテナンスを行っているものであれば、それ以上耐用年数が伸びる可能性もあるでしょう。

3-3.『S(鉄骨造)』

鉄骨造の部材は工場で生産されるため、品質が安定しているのがメリットです。
また、工期も短くコストが抑えられるため、比較的価格が安くなりやすいのも利点です。
一方、S造の建物は耐火性が低く防音性もやや劣るのがデメリットです。

3-3-1.耐用年数

鉄骨造の法定耐用年数は鉄骨の厚さによって異なります。

  • ・鉄骨の厚さ4㎜以上:34年
  • ・3㎜以上~4㎜以下:27年
  • ・3㎜以下:19年

いずれもRCやSRCと比べ短めですが、メンテナンスが行き届いていれば50年程度は十分もつと考えられています。

3-4.『木造』

木造建築はもっともコストの安い構造建築です。
また、木材が使われているため通気性がよく湿度が保たれやすいのもメリットでしょう。
湿度が高くなりやすい日本の気候においては、優れた建築素材だといえます。
しかし、その通気性の良さが弱点となることも。
他の建築構造とくらべ防音性が低く、冷暖房が効きづらいというデメリットがあります。
また木造住宅は耐火性も低いです。

3-4-1.耐用年数

木造の法定耐用年数は22年です。
とはいえ、実際の耐用年数はそれよりももっと長いということは珍しくありません。
日本の伝統的建築物はほとんど木造であり、メンテナンスさえ怠らなければ長期間住まいとして使用することも可能です。

鉄骨鉄筋・木造など建物構造の意味や特徴を知って住まい選びに役立てよう!

子どもと快適に過ごすためにも、自分たちの生活に合った住まいを選びたいものです。
そのためにも、不動産探しの際は間取りや立地だけでなく、建築構造も大切な条件としてぜひチェックすることをおすすめします。
木造やRC、鉄骨造など、それぞれのメリットやデメリットをよく知り、自身の予算と希望に見合う物件を探すことが大切です。
ぜひ安心感のある住まいで、お子さんとの楽しい暮らしを実現してくださいね。

まとめ

  • ・物件の建物構造には、主に「木造」「鉄骨造」「鉄筋コンクリート造」「鉄骨鉄筋コンクリート造」の4種類がある
  • ・鉄骨造と鉄筋コンクリート造にはかなりの違いがある!間違いやすいので注意が必要
  • ・コストが安いのは木造や鉄骨造、丈夫だがコストが高いのが鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造
  • ・各建物構造にはそれぞれメリットやデメリットが。よく比較して物件選びの参考にしよう

LINE 公式アカウントと友だちになる