1. 母子ティブ TOP
  2. シングルマザーお役立ち情報
  3. 住宅ローン2000万の住宅購入シミュレーション【年収・返済期間】を解説

シングルマザーお役立ち情報

住宅ローン2000万の住宅購入シミュレーション【年収・返済期間】を解説

住宅ローン2000万の住宅購入シミュレーション【年収・返済期間】を解説

住宅購入に欠かせないのが『住宅ローン』。
「自分はローン審査に通るのか」「今の収入で大丈夫なのか」と心配なことが多いですよね。
そこでこの記事では、住宅ローン総額2000万物件のローン返済について年収編・返済期間編に分けシミュレーションしていきます。
最後には、住宅ローン初心者さんに向けてQ&Aを用意しているので、マイホーム購入に役立ててください。

1. 住宅ローン総額2000万返済シミュレーション【年収編】

まずは、住宅ローン総額2000万の家を購入する際の年収シミュレーションを紹介します。
年収300万円・400万円・450万円の3パターンに当てはまるものを確認しましょう。

1-1.300万円

年収300万円世帯であれば、毎月の手取り額は約20万円程度になります。
住宅ローンの他に、生活費や教育費、自家用車を持っていれば車の維持費などが必要になるでしょう。
となれば、住宅ローン審査を通すのが難しくなってくるのが実情です。

しかし、当社では世帯年収300万円で住宅購入された実績が多数ございます。
2000万円を超える住宅ローンの審査が通過しやすい秘訣は提携金融機関です。
提携している金融機関では、勤続年数・雇用形態(正社員)の他に、勤務先への将来性・信頼性も考慮します。
住宅購入に際し年収に不安を感じられている方は、ぜひ一度ご相談ください。

<年収300万円シミュレーション>

※住宅ローンは、60,000円と仮定しております。

1-2.400万円

世帯年収400万円であれば、手取り額は約27万円です。
年収300万円の方と比べて借入限度額が大幅に引き上がるので物件価格2000万円の住宅ローンを通すことが期待できます。
しかし、家を購入できても生活が少々厳しくなる恐れがあります。
生活費や教育費の見直しをすることで、安定した生活を送れる可能性は十分にあるため必ずしも諦めなければならないということではありません。
世帯年収300万円の方と同様、返済計画や資金計画を立てて、購入を検討しましょう。

<年収400万円シミュレーション>

※住宅ローンは、60,000円と仮定しております。

1-3.450万円

世帯年収450万円あれば、手取り額は約30万円です。
一般的に2000万円程度の住宅ローン審査は余裕で通ります。
生活費も教育費もしっかりと確保したままでも、生活に支障はないでしょう。

ただし、購入物件がマンションでローン以外にも修繕費・管理維持費の積立だったり車維持費が必要だったりすると支払いが厳しくなるかもしれません。

<年収450万円シミュレーション>

※住宅ローンは、60,000円と仮定しております。

2.住宅ローン総額2000万返済シミュレーション【期間編】

住宅ローン総額2000万に対して何年の返済期間を設けるかということがとても重要なです。
期間が長ければ長いほど金利額が膨らんでしまいますし、短期間で返済しようとすると月々の返済額が増え生活に支障がでる可能性があります。
固定金利・変動金利の2パターンを紹介します。

2-1.10年

住宅ローン総額2000万を10年で返済する場合、月々の返済額は以下になります。

※ボーナスなし

あくまでも目安金額にはなりますが、返済比率により若干固定金利の方が月々の支払い金額が高くなります。
10年と短い期間で住宅ローンを返済しようと思うと毎月の支払い金額が高額になってしまうので、無理なく支払っていけるかしっかり検討しましょう。

2-2.20年

次に、返済期間20年の月々の返済額をみていきましょう。

※ボーナスなし

返済を早く終わらせたい方は、返済期間を20年に設定する方が多いです。
金利変動で金利の上昇リスクはありますが、月々の支払い金額を考慮し変動金利を選ぶのも一つの手段。
金利が上がったときは住宅ローンの借り換えなどを検討し、うまく対処しましょう。

2-3.25年

返済期間25年の月々の返済額は以下の通りです。

※ボーナスなし

ボーナスがある場合は、60,000円代まで支払い額を抑えることができるので自身の雇用形態に合わせてご検討ください。
返済期間が長くなれば長くなるほど金利変動による金利上昇のリスクが生じやすくなります。

2-4.30年

返済期間30年の月々の返済額は以下の通りです。
固定金利を選択しても年収シミュレーションの住宅ローン設定と近い金額になります。

※ボーナスなし

少し返済金額の高めな固定金利であっても、60,000円台をキープできるので、生活に大きな負担をかけずに住宅ローン返済を行っていけるのではないでしょうか。
ただし、30年と長期間になるので「定年退職まで支払っていけるのか」や変動金利によるローン返済選択時の金利上昇リスクをよく考えて決めましょう。

3.住宅ローン初心者さん必見Q&A!

「住宅ローンについてわからないことが多すぎる…」それは当然のことです。
住宅ローン初心者さんが今すぐローンについてすべて把握しろというのは無理難題といえます。
そこで、以下の4つのQ&Aを用意しました。
住宅ローンの詳細については、不動産会社にお任せで問題ございませんので自身の心配事を解決するために把握しておきましょう。

3-1.頭金は絶対必要?

少し前までは、頭金が必ず求められていた時代でした。
借入額を住宅購入の8割までとしている金融機関が多かったため、頭金は自己資金で2割必要でした。
しかし、2014年より住宅金融支援機構からは全額融資(頭金なし)を受けられるようになったのです。
そのため頭金は必ずしも必要なものではなくなりました。
しかし、頭金2割未満で住宅購入をしようとすると以下のような点に注意が必要になります。

<注意点>

  • ・金利が高くなるかもしれない
  • ・金融機関によっては不可の場合もある
  • ・返済負担率が高くなり審査が厳しくなる

3-2.頭金なしの心得は?

頭金なしであれば、毎月の返済額が高くなってしまうのは仕方ありません。
そのため、ローン返済期間に合わせた返済計画や資金計画を立てておく必要があります。
住宅ローンの返済と生活費で、子どもとの生活が切羽詰まったり一切の貯蓄ができなくなったりしては本末転倒です。
無理に住宅ローン返済期間を短くしたりせず、不動産会社に相談しながら入念な計画を立てましょう。

3-3.住宅ローン控除とは?

住宅ローン返済期間が10年以上であれば、住宅ローン控除を受けることができます。

住宅ローン控除は、

  • ・所得税や住民税の還付
  • ・最大10年間利用可能
  • ・年末の住宅ローン残高1%を所得から控除

というような制度です。
源泉徴収されている所得税より控除額が多い場合は、住民税の還付も受けることができます。(条件あり)

3-4.シンママは審査が通りにくい?

シングルマザー(シンママ)は住宅ローン審査に通りにくいと思われている方は多いですがそれは違います。
片親だからといって審査に影響することはありません。
シンママでもシンパパでも両親が揃っていても、住宅ローン審査の条件を満たしていれば問題ないと覚えておきましょう。

きつい返済で生活を切り詰めるよりも計画的に住宅購入を検討しよう!

「せっかく住宅購入するし…!」と、子どもとの生活を犠牲にしてまでマイホームを購入することはおすすめしません。
住宅購入は、返済計画・資金計画が肝心です。
当社にご相談いただければ、シングルマザーにぴったりの住宅のご紹介から給付金、ローン計画の相談などさまざまな視点でご提案することができます。
すべての疑問や不安を解消して、計画的に住宅購入しましょう!

まとめ

  • ・住宅ローン総額2000万を購入するために、年収300万円・400万円・450万円の3パターンシミュレーションを確認してみよう
  • ・当社では提携金融機関による住宅ローン審査の緩和が見込める
  • ・住宅ローン総額2000万を購入するために、固定金利・変動金利の2パターンシミュレーションを確認してみよう
  • ・頭金なしで住宅ローンを受けることはできるが、リスクもある
  • ・返済計画・資金計画は当社にお任せ!

LINE 公式アカウントと友だちになる