1. 母子ティブ TOP
  2. 子供と暮らしていくために
  3. 母子家庭手当て(児童扶養手当)とは?金額・条件・申請方法まで詳しく解説

子供と暮らしていくために

母子家庭手当て(児童扶養手当)とは?金額・条件・申請方法まで詳しく解説

母子家庭手当て(児童扶養手当)とは?金額・条件・申請方法まで詳しく解説

子供と二人で生活していくのに心配になるのはお金ですよね。
生活保護を受けるべきなのか、自分のチカラで歩んでいくべきなのか悩む人も多いでしょう。
そこで日本では、シングルマザー(シングルファザー)を支援するべく様々な手当てや助成制度が存在します。
まず最初に思い当たるであろう、母子家庭手当て(児童扶養手当)について詳しく解説していきます。
正しく受給するためにも知識をつけておきましょう。

1.母子家庭手当て(児童扶養手当)とは?

母子家庭手当てとは、児童扶養手当のことを指します。
離婚後、ひとり親世帯になる父親または母親に子供の育成をサポートするために支給される手当てです。しかし、すべてのひとり親世帯に支給されるものではありません。
以下で支給対象者、条件について解説しています。

1-1.支給対象者

支給対象者は、受給者本人が18歳未満の児童(18歳以降最初の3月31日まで)または、特別児童扶養手当を受給している・同じ程度の障害を持った児童(20歳未満)の養育者になります。
さらに、以下の条件のいずれかに該当することが必須となるので確認しておきましょう。

  • ・両親が離婚した児童
  • ・父親または母親が死亡した児童
  • ・両親のどちらかが政令で定める障害がある児童
  • ・両親のどちらかの生死が不明な児童
  • ・両親のどちらかに1年以上放置されている児童
  • ・両親のどちらかが1年以上拘禁されている児童
  • ・未婚の母から産まれた児童
  • ・両親のどちらかが裁判所からのDV保護命令を受けた児童

父親または母親以外にも、いずれかの条件に該当する児童と同居・監護・生計を共にしている養育者も受給することができます。

1-2.児童扶養手当がもらえない条件とは?

シングルマザー(シングルファザー)であっても児童扶養手当を受給できない場合があります。
以下の条件に該当する場合は、受給資格返上または支給停止になるのでご注意ください。

  • ・請求者または対象児童のどちらかが日本に住んでいない
  • ・父親が請求者なのに、母親が児童を育てている(または逆の場合)
  •  (ただし育てている側が政令で定める障害がある場合を除く)
  • ・請求者に配偶者または内縁関係者がいる
  • ・請求者の所得額(収入)が増えた
  • ・児童が里親に出された
  • ・児童が児童福祉施設(母子生活支援施設、保育所、通園施設を除く)に入所している
  • ・障害年金など公的年金の金額が児童扶養手当の額を上回っている

請求者が障害基礎年金を受給し、尚且つ児童が子加算対象の場合は、児童扶養手当との差額分が支給されます。
また、請求者に交際相手がいることで援助してくれている人がいるとみなされた場合、不正受給になる可能性があります。

1-3.年度単位で手当額が変わるので注意

児童扶養手当の支給額は、前年度の所得に応じて変わるので注意が必要です。
また、物価の変動によっても変わるので必ず支給額が確定した時点で確認しておきましょう。

所得額は、請求者(扶養義務者)・配偶者・請求者と同居している親類などの前年度の所得から算出されます。

※1月から9月の請求の場合は前々年の所得になります。

2.母子家庭手当て(児童扶養手当)は離婚後いつ・いくらもらえるの?

母子家庭手当て(児童扶養手当)は離婚してからいつ、どのタイミングで、いくら程度もらえるのでしょうか。
ここからは具体的な内容について解説していきます。

2-1.支給日

児童扶養手当の支給日は、1月・3月・5月・7月・9月・11月の『年6回』あります。
一般的に支給月の11日(例えば3月11日)に二ヶ月分ずつ振り込まれるシステムになっています。

居住地によって異なる場合があるのでお住まいの市・区役所にご確認ください。
また、支給日が土日祝の場合、前日の金融機関営業日に合わせて、指定した金融機関の口座に振り込まれます。
継続的に児童扶養手当を受給する場合は、毎年8月に更新する現況届を提出しましょう。

離婚後すぐに児童扶養手当を受給するには離婚届提出後、児童福祉課にて児童扶養手当の申請を行うのが一般的でしょう。
児童扶養手当が認定されると、請求された月の翌月分から支給されます。

申請する際には、他の医療費や子ども手当などの申請も同時に行うようにしてくださいね。

2-2.金額

前述でもあるように所得や物価によって金額の変動があります。
また、児童の人数によっても金額は異なってきます。
まずは所得制限限度額について理解を深め、全部支給・一部支給について把握するようにしましょう。

所得制限

児童扶養手当は、11月1日から翌年10月31日までを支給年度として定め、年度単位で所得に応じた支給額が決められるのです。
ただし、住所の変更や状況に応じて支給額が変わることもあるので申請の際に確認するようにしましょう。

では、実際に所得制限限度額についてみていきます。
収入から給与所得控除等を差し引き、養育費の8割程度を加算した所得額を基準に以下の所得制限限度額によって、全部支給または、一部支給が決まります。

<所得制限限度額>

引用元

所得額が、所得制限限度額以上に当てはまる場合、支給停止(支給なし)になります。
また、年度によって所得制限限度額の変動があるのでお住まいの市・区役所のホームページをご確認ください。

全部支給

全部支給とは、児童扶養手当を満額受給できます。

  • ・1人目:43,160円
  • ・2人目:10,190円
  • ・3人目:6,110円
  • (4人目以降も同額)
  • ※令和2年4月改正分

一部支給

一部支給とは、全部支給の所得制限限度額は超えているが一部支給の範囲にあるものを指します。

  • ・1人目:43,150円~10,180円
  • ・2人目:10,180円~5,100円
  • ・3人目:6,100円~3,060円
  • (4人目以降も同額)
  • ※令和2年4月改正分

以下の計算式によって算出されます。(10円刻みの額)

<1人目>
 43,150円-(受給者の算定所得額ー全部支給所得制限限度額)×0.0230559
<2人目>
  10,180円-(受給者の算定所得額ー全部支給所得制限限度額)×0.0035524
<3人目以降>
 6,100円-(受給者の算定所得額ー全部支給所得制限限度額)×0.0021259
※令和2年4月改正分

計算式にある数値は物価の変動などで改定されるので確認するようにしてください。

3.母子家庭手当ての申請方法とは?

次に、母子家庭手当て(児童扶養手当)の申請方法について解説します。

3-1.申請方法

基本的には窓口での申請をおすすめしますが、どうしても窓口に行けない場合はネット申請e-Gov(イーガブ)を利用することも可能です。

e-Gov(イーガブ)公式サイト

3-2.必要書類

児童扶養手当を申請の際に必要な書類は以下の通りです。

  • <児童扶養手当申請の必要書類>
  • ・児童扶養手当認定請求書・公的年金調書
  • ・請求者・受給対象児童の戸籍謄本
  • ・請求者本人名義の普通預金通帳
  • ・印鑑
  • ・賃貸借契約書の写し
  • (持家の場合は、公共料金の明細)
  • ・世帯全員の個人番号カード
  • (通知番号カード)
  • ・外国籍の場合、児童の出生届の写し・離婚届の受理証明書

一般的に必要となる書類は、お住まいの市区町村や家庭状況などで異なる場合もあります。
事前に確認するようにしましょう。

4.【注意】母子家庭手当て不正受給の危険

児童扶養手当は、国が認めた規定によって児童扶養親族をサポートするためのものです。
しかし、中には児童扶養手当を不正受給する家庭があるのも事実。
発覚した際は、きちんと国から罰がくだされるので注意してください。

4-1.周囲の人たちによる通報

児童扶養手当の不正受給がバレる理由は、周囲の人からの通報によるものが多いです。
ママ友・職場の人間・住人など様々な人たちがあなたたちの近くには存在します。
そんな中、派手な洋服を身に付けていたり、異性と腕を組んで歩いていたりすれば疑われるのも当然ですよね。
また、確定申告による支給停止も多くあります。
「所得制限を超えている」「公的年金を多くもらっている」ことが発覚し、児童扶養手当が打ち切りになるのです。

4-2.支払い金額に利子がつく

不正受給が発覚した場合、不正受給した期間分を返還(返金)しなくてはなりません。
1年不正受給したら1年遡って、2年不正受給したら2年遡って返還を求められます。

返還は、もちろん一括返済も可能です。
また、分割で返還することもできますが、返還する金額には利子がつくのでさらに金額が膨らむことになってしまいます。
不正受給はするものではありませんね。

4-3.逮捕される可能性も・・・

過去に、児童扶養手当の不正受給による逮捕者が出た事件がありました。
男女は、籍を入れずシングルマザー(未婚の母)と偽り3人の子どもを育て児童扶養手当を受給。
しかし、通報により不正受給が発覚!逮捕に至ったのです。

このように生活費の欲しさから不正受給を行い、犯罪者になってしまっては元も子もありません。 籍を入れたり、援助してくれる人がいる場合はきちんと申請するようにしましょう。

4-4.不正受給ではない場合は不服申立てができる

中には、周囲の人に誤解を招いてしまって不正受給を通報されてしまう場合があります。
また、滅多にないことではありますが手続き上のミスで支給停止になってしまうことも。
その場合は、市・区役所に不服申し立てを行いましょう。

自分のミスで、不正受給になってしまう場合もあります。
例えば、確定申告で申告数字を間違って記載してしまい、受理された結果「所得限度額がオーバーしている」と判断され支給停止通知が届くはめに…。
そのような場合も、お住まいの市・区役所に連絡をし訂正するようにしてください。

母子家庭手当てを正しく受給することでマンション購入も夢じゃない!

母子家庭で子どもを育てていると将来を不安に思ってしまう気持ちが日に日に増すことでしょう。
しかし、母子家庭手当てや児童手当、助成金など国がサポートしてくれる制度を正しく受けることでシングルマザーであっても安定した生活を送ることができます。
さらには、子どもと同居するためのマンションを購入することも夢ではありません。
将来の人生設計の助けを当社にもぜひサポートさせてください!
手当てや制度に詳しいスタッフがご相談にお答えさせていただきます。
ぜひ、お問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちら

まとめ

  • 母子家庭手当て(児童扶養手当)を受給するには、支給対象者・条件が定められている
  • 児童扶養手当は、所得限度額に応じて全部支給・一部支給・支給なしがある
  • 申請方法は、窓口が基本。必要書類は市・区役所によって異なるため確認が必要
  • 不正受給は逮捕される危険もあるため絶対NG!
  • 正しく手当てを受給すればマイホームも購入できる