1. 母子ティブ TOP
  2. 子供と暮らしていくために
  3. 【子育てに疲れたママ必見】育児中に疲れを感じる瞬間と3つの原因、対策法

子供と暮らしていくために

【子育てに疲れたママ必見】育児中に疲れを感じる瞬間と3つの原因、対策法

【子育てに疲れたママ必見】育児中に疲れを感じる瞬間と3つの原因、対策法

かわいいかわいい我が子。
しかし子育て中はどうしても「子育てをやめたい」「一人になりたい」と思ってしまいますよね。
あまりに心が削れてしまい育児ノイローゼや育児ストレスによる精神的病気に陥る可能性も…。
そんな毎日頑張るママたちにお届けしたい『3つの反抗期』と『母親たちが抱える疲れる瞬間』『子育て疲れ解消方法』をまとめました!
一人でつらい気持ちを抱えているママの励みになることを強く願っています。

1.「子育てやめたい…」と実感する3つの反抗期

「子育てやめたい…」と壁にぶつかる3つの反抗期について解説します。
まだその年齢に達していない子供がいるママは特に必見です!

1-1.2歳3歳のイヤイヤ期

2歳3歳になると「自我が芽生える」と言われており、いわゆるイヤイヤ期に突入します。
何もできないママ任せな赤ちゃんに比べ、自分でやりたい気持ちが高まり挑戦しようとしますがその気持ちに気づかないママやパパに先を越されてしまい感情が爆発!
この感情こそが「イヤイヤ」のイヤイヤ期なのです。

自分で自分の感情をコントロールするために学んでいる時期なので、次第にイヤイヤ期からは抜け出せるものの家のみならず、お店でも感情を剥き出しにするのですから疲れてしまいますよね。
そんなときは、

  • ・「イヤだったね」とハグする
  • ・人がいない場所に移る
  • ・ご機嫌になるオヤツをあげる

など子どもにあった対策を事前に準備しておきましょう。

1-2.4歳5歳〜小2に訪れる中間反抗期

意外に知られていないのが、4歳5歳〜小2辺りに訪れる中間反抗期です。
ある程度、知識や言葉を習得しているので叱られたときに口答えしたり、暴言を吐いてきたりします。
この中間反抗期も「成長の証」とされており、自分自身で決めたい・やり遂げたいと強く思っている子どもが特に反抗する傾向にあります。
あまりに反抗がひどい場合は、苛立つ気持ちを抑えとりあえず満足いくまでチャレンジさせてあげることがおすすめ。
まだまだ甘えたい年頃なのですから、甘えてきたときにはしっかり受け止めて、愛情を伝えることを忘れないようにしましょう。

1-3.中学生・高校生の思春期反抗期

中学生・高校生の子どもを持つ親の一番の悩みのタネになるのが思春期反抗期ではないでしょうか。
思春期の子どもたちには、体の成長・心の成長・環境の成長が訪れます。
「力強くなったが大人に勝てるのだろうか?」
「自分はもう大人?子ども?」
「どうして先輩の言うことを聞かないといけない?」
と、肉体の変化や学校生活で起こる理不尽さ・ストレス・矛盾などから感情のバランスが取れなくなってしまい『やり場のない感情』が反抗的な態度を引き起こしてしまうのです。

しかし、中には思春期反抗期がなくそういった感情を伏せている子どもも存在します。
我慢している、装っている可能性もありますが単純に反抗期がない場合もあるので「普通じゃない」「おかしいのかな…」と悩む必要はないでしょう。
必ずしもすべての子どもたちが反抗期を迎える訳ではないのです。

2.育児中ママが「子育てに疲れた…」と感じる瞬間とは?

育児中のママがドッと疲れを感じる瞬間について紹介していきます。
「自分だけじゃなかったんだ」と共感してもらえること間違いなしですよ!

2-1.一人の時間がない

妊娠から出産、ママがのんびり出掛けられる一人の時間なんてありません。
「夜飲みに行きたい!」「たまにはゆっくり本が読みたい」子どもができる前は当たり前だったことが一気にできなくなってしまいストレスを感じてしまうことでしょう。
そんなとき子育てに疲れた…と実感するのです。

2-2.ママばっかりやることがいっぱい

なんせママのやることは多いです。
ご飯作りに掃除、洗濯、お風呂、寝かしつけ…と一分一秒たりとも暇な時間はありません。
「子どもがお昼寝している時間があるじゃない」と思われがちですが、子どもが寝ている隙にしないといけない家事があるんです!
バタバタと一日が過ぎていき、眠るころには「なんで上手くできないんだろう…」と自己嫌悪に陥るママも少なくありません。

2-3.子供がべったりで逃げたい

まだまだ甘えん坊な赤ちゃんから幼児くらいはとにかくママにべったりの子供が多いです。
「掃除中も足にひっつき虫」「トイレに行こうものならドアの前で大泣き」と、何するにもママと一緒。
家族や友達から見れば微笑ましい光景なのかもしれませんが、ママにとっては疲れる要因になるのです。

2-4.些細なことでイライラしちゃう

怒りっぽい性格なわけでもないのに些細なことでイライラしてしまうと、「疲れているな」と実感します。

  • ・家事が進まない
  • ・仕事が進まない
  • ・お茶をこぼした
  • ・転けて大泣きした

など普段ならイライラしないところに苛立って、いつもより子どもに強く当たってしまうこともあるでしょう。

2-5.朝起きた瞬間から疲れている

夜泣きをする時期は特に、朝起きても疲れを感じることが多いでしょう。
いつ眠ったのか、もう朝なのか、時間の感覚もなくなりボーッとしてしまう始末。
また、睡眠時間を確保できないことから疲れを回復する間もなく朝を迎えてしまうことも考えられます。

2-6.何にもやる気がでない

疲れがたまり過ぎて何にもやる気がでないことがあります。
家事しなくっちゃ…出掛ける準備しなくっちゃ…と頭ではわかっているものの体が言うことを聞かないのです。
座ったソファから立てない、メイクするのもしんどい、とにかく何にもやる気がでないのは育児疲れが溜まっている証拠といえます。
心が病んでしまわないためにも早急にリフレッシュする必要がありますね。

3.ママの子育て疲れを解消する5つの対策

正しい育児法なんてこの世にありません。
「ママなんだから子育てして当然」「お母さんは子供のために時間使いなさい」なんて考えは古いのです。
お母さんだって人間なのですから、リフレッシュできる解消法を見つけて自分を甘やかしてあげましょう。

3-1.一人になりたいときは時間を確保

子どもと離れて一人の時間を作ることも大切です。
パパや親に子どもを預けて一人で好きなことをしましょう。
シングルマザーや預けられる人がいない場合は、ベビーシッターサービスやファミリーサポートといった支援制度を使うのもおすすめです。
存分に一人の時間を満喫することができれば、また新たな気持ちで子どもと向き合うことができますよ。

3-2.体を動かしてストレス発散

ずっと家にこもって子どもと向き合っていたらNG思考になりがちです。
買い物や散歩、なんでもいいので一日一回は家から出るようにしましょう。
習い事をする時間を持てるのであれば、子どもヨガやスイミングに一緒に通うのもアリです!
そんな時間が取れない場合は、子どもが眠ってから自宅ヨガ・ストレッチするだけでも気分が晴れますよ。

3-3.たまには手抜き家事でOK

子どもがいるのに、いつもピカピカな家を保つのは困難です。
家事の負担にもなりますし、完璧を求めるのは諦めましょう。
また、育児しながらご飯の用意は大変ですよね。
そこで一週間に一度はデリバリーにする、外食にするなど手抜きルールを決めておくのがおすすめです。
「明日はご飯作らなくていいから頑張ろう!」と励みにもなりますよ。

3-4.しゃべって吐き出しちゃう

とにかくしゃべる!ストレス発散にはもってこいの手法です。
子育ての苦労をわかってくれるママ友や先輩ママからアドバイスもらうのも良いでしょう。
コロナ禍で会えない今だからこそ、オンライン通話でママ会を開きおしゃべりついでに、幼稚園や小学校、習い事などの情報収集してみてはいかがでしょうか?
子育て疲れを癒すなくてはならない時間になってくれますよ。

3-5.自分の頑張りを褒めてあげる

ママは頑張ってもなかなか褒めてもらえません。
だからこそ自分で自分を最高に褒めてあげましょう。
大好きなスウィーツを食べたり、欲しかった洋服を買ったりして頑張りを褒めて労ってあげるのです。
また、「トイトレをやり切ったらこの商品買うぞ!」と次回のご褒美も決めておくことで頑張れる糧となってくれますよ。

離婚して一人で頑張るママを応援したい!お子様との住まい選びは当社にお任せください

親子関係の心理学専門家、大日向先生が出演されている「すくすく子育て」から育児法を学んでいる人も多いのではないでしょうか?
本やテレビで学ぶのも一つですが、時には子育ての自縛から抜け出して自分の時間を大切にすることも必要です。

そんな頑張るママを応援したく、当社ではシングルマザーに特化したスタッフによるマイホーム提案・母子家庭制度についてなど詳しくお話しさせてもらっています。
またホームページには、シングルマザーにまつわる関連記事が多数存在しますので、ぜひそちらもご覧ください。
ママも子どもも幸せな生活を過ごせることを応援しています!

まとめ

  • ・反抗期には、イヤイヤ期・中間反抗期・思春期反抗期がある
  • ・子育て疲れた…と感じる瞬間に「一人の時間がない」「忙しい」「イライラする」などがあげられる
  • ・子育て疲れ解消法は「一人の時間を持つ」「家事は手抜きする」「自分で自分を褒める」など
  • ・子どもとの健やかな生活を保つ住まいをお探しなら当社にお任せください!

LINE 公式アカウントと友だちになる